暑い暑い日々も終わり、ようやく秋本番ですね。
お久しぶりです。アンセクレツォ事務局の大野です。

今年の1月に開講したアンセクレツォも、早いものでもう4期目。先日から今年最後の学期に入りました。
反省もたくさんありますが、皆様に支えられて11月に無事に設立1年を迎えようとしています。
夏から大阪教室も始まるなど、少しずつではありますが、アンセクレツォで学べる内容を増やしてまいりました。

授業での話し方や、添削の仕方…どうすればコース内容が効率よく身につくか。開講後も皆様の声を頂戴しながら、試行錯誤して指導方法を調整しております。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

さてこれから数回に分けて、Basicコースの受講後アンケートで頂いたコメントをご紹介したいと思います。
いくつかある項目のうちから、今回は「講師」に関してです!

M.Y.様(1ヶ月集中クラス修了)
何よりも熱意が感じられました。
講義内容を専門とする方6名が講師として配置されており、その講師の方々が熱のこもったスライドを用意して、嬉々として話されていた様子がとても印象的でした。
また、課題や予習時、講義中の質問にも丁寧に答えてくださいました。添削も細かく、受講生それぞれ、また共通の弱点を講義中に解説・指導してくださったのも、役立ちました。
A. Takahashi様(1ヶ月集中クラス修了)
次回症例の予習で作成したものの添削は、当初ないものと理解していましたが、中盤から丁寧な添削をいただき非常にありがたかったです。
授業中にPC操作をしながら学習する形態は、他のスクールでは殆どなく(通訳コースでは毎回通訳ブースでLL機器を使った実習をしましたが)コースの差別化が図れるのでは、と思いました。
M.S.様(1ヶ月集中クラス修了)
医学・CIOMSとも、分かりやすい授業でした。
医学については、自分がここまですんなり入れると思っていなかったので、いいスタートになりました。
CIOMSについては、添削を受けると納得することばかりでした。発見がたくさんありました。日々、勉強が大変楽しかったです。
D.E.様(3ヵ月クラス修了)
大満足です。
I.E.様(3ヵ月クラス修了)
立派な先生方ですが、堅苦しい雰囲気はなく、気軽にお話したり質問を受けて下さいますので、教室内は明るく楽しい雰囲気でした。
また、授業後の課題の添削は、丁寧にコメントを入れてくださるので、自分の間違いやすいところや弱いところがよくわかり、そこを重点的に学習することができました。
H.M様(1ヶ月集中クラス修了)
講師の先生方については、親切で丁寧なご指導いただき深く感謝しております。
添削も非常に丁寧なコメントをいただき復習を兼ね再度確認致します。

※コース内容の改訂に伴い、頂いたコメントの主旨が変わらない範囲で一部抜粋させて頂きました。
ご理解いただけますと幸いです。

掲載をお許しくださった皆様、ありがとうございます。

アンセクレツォのBasicコースは、専門知識を持った複数の講師が日替わりで担当という珍しいシステムですが、実は受講後アンケートにて、掲載の許可をいただけなかった方を含め、全員から5段階で最高の5という評価をいただいております。

受講生の方はほとんどがそれまで医薬分野は専門外。文系出身の方も多くいらっしゃいます。
講師は専門家ではありますが、受講生が医学知識をすべて身に付けることではなく、この分野の翻訳に最低限必要な知識を習得することを意識して授業を行っています。

医薬翻訳に興味はあるけれど、専門外だから…とお迷いの方、安心してBasicコースにおいでください。

現在募集中の2016年秋期コースは個別指導を除き、東京教室の「Basicコース 総合 1ヶ月 集中クラスⅡ」のみです。

申込締切は2016/11/6(日)、開講日程は2016/11/25~12/21の毎週月、水、金曜(祝日除く)14:30~17:30(全12回)となっております。

年内に学習をスタートさせたいとお考えの方はぜひ受講をご検討ください。

お申込み・お問い合わせ

受講申込 資料請求・各種お問合せ