安全性業務に強い翻訳会社ウィズウィグが主宰!

Q & A

1. 専門分野について

臨時に開講される原則1回限りの講義です。

例えば、がん製品で報告される安全性情報の経過欄の翻訳に関する講座などを計画しております。

皆様の声をお聞きし、薬事や統計等の講義をご用意いたしますので、どんどんご要望をお寄せください。

高校卒業程度の英文法をご理解いただいており、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。

ただし、受講申し込みの際に簡単な和文英訳の解答をお願いしております。ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問い合わせください。

また、基礎から英作文の学習をし直したい方には、個別指導コースをおすすめしております。

アンセクレツォの授業では、和文英訳を第一にしておりますが、皆様の声をよく聴き、必要とされる講座を準備してまいります。

準備が整い次第、ウェブサイト等でお知らせいたします。

基本的に選べません。

講師側の都合で講座を休講にしないため、各講師がすべての講座内容を指導できるようになっております。
個別指導コースでは対応できる場合もございますので、お気軽にご相談ください。

英訳作成力の向上や、他の講座で分からなかった箇所の補習など、みなさまひとりひとりの医薬翻訳にまつわるお悩みや希望に応じてカリキュラムを作成いたします。

お問い合わせフォームもしくはEメールにてなんでもご相談ください。

高校卒業程度の英文法と、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。
なによりも英語を使って海外と文書のやり取りを行いたいと思い続けることが肝要です。

ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問合せフォームよりご相談ください。
翻訳や安全性情報に初めて触れられる方には、医薬翻訳入門をおすすめしております。

現行の症例翻訳演習・Expertコース -CIOMS-・個別指導コース・Executiveの3講座には受講資格試験がございます。

お問い合わせページ内の「受講資格試験申込」フォームより受験をお申し込みください。ただし、Basicコース修了の方は試験なしで症例翻訳演習をご受講いただけます。

その他の講座に受講資格試験はありませんが、受講申し込みの際にお願いする簡単な和文英訳の解答をお願いしております。

はい、授業以外にも、進路等についてのご相談を随時受け付けております。

授業内容の質問等、学習相談もお受けしますが、場合によりましては個別指導コースのご受講をすすめさせていただくこともございます。
特に優秀な成績を修められた方には、ご本人のご希望も伺ったうえで、当教室の主宰会社ウィズウィグよりお仕事を紹介させていただきます。

Basic通学コース総合NEW、メディカル翻訳 初級のテキストは初回授業の1週間前までに発送いたします。
医学翻訳入門のオプション特別テキストは初回授業でお渡しいたします。

申し訳ございませんが、受講約款に記載の通り、原則的に補講はいたしません。

ただし、同講座の他クラスで受講可能な場合もございますので、事務局にご相談ください。

はい。通学科の講座については「受講の延期」として承っております。

ある回からそれ以降すべての回の延期は可能です。(例:全8回のコースで、第5回分以降を他期に延期可能)
またその際、有効期間は初めの契約の受講期より1年となります。(例:2017秋期受講分を延期→2018夏期開講分まで延期可能)
ただし、回ごとの、他期の振替受講はできません。(例:全8回のコースで、第6回分のみ他期に受講は不可)

なお、受講再開の際は、希望期の当該コース募集締切日までにご連絡ください。

恐れ入りますが、同内容の講座であっても通学科と通信科の中途変更はできません。

はい。まず当教室の修了生として入学金免除となります。

また、通信科をご受講された時期を通学科の学期に照合し、継続割の適用対象となる場合もございます。
継続割の適用対象となるかどうかはあらかじめお問い合わせください。

Load More

2. 通学科の講座について

臨時に開講される原則1回限りの講義です。

例えば、がん製品で報告される安全性情報の経過欄の翻訳に関する講座などを計画しております。

皆様の声をお聞きし、薬事や統計等の講義をご用意いたしますので、どんどんご要望をお寄せください。

高校卒業程度の英文法をご理解いただいており、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。

ただし、受講申し込みの際に簡単な和文英訳の解答をお願いしております。ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問い合わせください。

また、基礎から英作文の学習をし直したい方には、個別指導コースをおすすめしております。

アンセクレツォの授業では、和文英訳を第一にしておりますが、皆様の声をよく聴き、必要とされる講座を準備してまいります。

準備が整い次第、ウェブサイト等でお知らせいたします。

基本的に選べません。

講師側の都合で講座を休講にしないため、各講師がすべての講座内容を指導できるようになっております。
個別指導コースでは対応できる場合もございますので、お気軽にご相談ください。

英訳作成力の向上や、他の講座で分からなかった箇所の補習など、みなさまひとりひとりの医薬翻訳にまつわるお悩みや希望に応じてカリキュラムを作成いたします。

お問い合わせフォームもしくはEメールにてなんでもご相談ください。

高校卒業程度の英文法と、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。
なによりも英語を使って海外と文書のやり取りを行いたいと思い続けることが肝要です。

ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問合せフォームよりご相談ください。
翻訳や安全性情報に初めて触れられる方には、医薬翻訳入門をおすすめしております。

現行の症例翻訳演習・Expertコース -CIOMS-・個別指導コース・Executiveの3講座には受講資格試験がございます。

お問い合わせページ内の「受講資格試験申込」フォームより受験をお申し込みください。ただし、Basicコース修了の方は試験なしで症例翻訳演習をご受講いただけます。

その他の講座に受講資格試験はありませんが、受講申し込みの際にお願いする簡単な和文英訳の解答をお願いしております。

はい、授業以外にも、進路等についてのご相談を随時受け付けております。

授業内容の質問等、学習相談もお受けしますが、場合によりましては個別指導コースのご受講をすすめさせていただくこともございます。
特に優秀な成績を修められた方には、ご本人のご希望も伺ったうえで、当教室の主宰会社ウィズウィグよりお仕事を紹介させていただきます。

Basic通学コース総合NEW、メディカル翻訳 初級のテキストは初回授業の1週間前までに発送いたします。
医学翻訳入門のオプション特別テキストは初回授業でお渡しいたします。

申し訳ございませんが、受講約款に記載の通り、原則的に補講はいたしません。

ただし、同講座の他クラスで受講可能な場合もございますので、事務局にご相談ください。

はい。通学科の講座については「受講の延期」として承っております。

ある回からそれ以降すべての回の延期は可能です。(例:全8回のコースで、第5回分以降を他期に延期可能)
またその際、有効期間は初めの契約の受講期より1年となります。(例:2017秋期受講分を延期→2018夏期開講分まで延期可能)
ただし、回ごとの、他期の振替受講はできません。(例:全8回のコースで、第6回分のみ他期に受講は不可)

なお、受講再開の際は、希望期の当該コース募集締切日までにご連絡ください。

恐れ入りますが、同内容の講座であっても通学科と通信科の中途変更はできません。

はい。まず当教室の修了生として入学金免除となります。

また、通信科をご受講された時期を通学科の学期に照合し、継続割の適用対象となる場合もございます。
継続割の適用対象となるかどうかはあらかじめお問い合わせください。

Load More

3. 通信科の講座について

臨時に開講される原則1回限りの講義です。

例えば、がん製品で報告される安全性情報の経過欄の翻訳に関する講座などを計画しております。

皆様の声をお聞きし、薬事や統計等の講義をご用意いたしますので、どんどんご要望をお寄せください。

高校卒業程度の英文法をご理解いただいており、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。

ただし、受講申し込みの際に簡単な和文英訳の解答をお願いしております。ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問い合わせください。

また、基礎から英作文の学習をし直したい方には、個別指導コースをおすすめしております。

アンセクレツォの授業では、和文英訳を第一にしておりますが、皆様の声をよく聴き、必要とされる講座を準備してまいります。

準備が整い次第、ウェブサイト等でお知らせいたします。

基本的に選べません。

講師側の都合で講座を休講にしないため、各講師がすべての講座内容を指導できるようになっております。
個別指導コースでは対応できる場合もございますので、お気軽にご相談ください。

英訳作成力の向上や、他の講座で分からなかった箇所の補習など、みなさまひとりひとりの医薬翻訳にまつわるお悩みや希望に応じてカリキュラムを作成いたします。

お問い合わせフォームもしくはEメールにてなんでもご相談ください。

高校卒業程度の英文法と、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。
なによりも英語を使って海外と文書のやり取りを行いたいと思い続けることが肝要です。

ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問合せフォームよりご相談ください。
翻訳や安全性情報に初めて触れられる方には、医薬翻訳入門をおすすめしております。

現行の症例翻訳演習・Expertコース -CIOMS-・個別指導コース・Executiveの3講座には受講資格試験がございます。

お問い合わせページ内の「受講資格試験申込」フォームより受験をお申し込みください。ただし、Basicコース修了の方は試験なしで症例翻訳演習をご受講いただけます。

その他の講座に受講資格試験はありませんが、受講申し込みの際にお願いする簡単な和文英訳の解答をお願いしております。

はい、授業以外にも、進路等についてのご相談を随時受け付けております。

授業内容の質問等、学習相談もお受けしますが、場合によりましては個別指導コースのご受講をすすめさせていただくこともございます。
特に優秀な成績を修められた方には、ご本人のご希望も伺ったうえで、当教室の主宰会社ウィズウィグよりお仕事を紹介させていただきます。

Basic通学コース総合NEW、メディカル翻訳 初級のテキストは初回授業の1週間前までに発送いたします。
医学翻訳入門のオプション特別テキストは初回授業でお渡しいたします。

申し訳ございませんが、受講約款に記載の通り、原則的に補講はいたしません。

ただし、同講座の他クラスで受講可能な場合もございますので、事務局にご相談ください。

はい。通学科の講座については「受講の延期」として承っております。

ある回からそれ以降すべての回の延期は可能です。(例:全8回のコースで、第5回分以降を他期に延期可能)
またその際、有効期間は初めの契約の受講期より1年となります。(例:2017秋期受講分を延期→2018夏期開講分まで延期可能)
ただし、回ごとの、他期の振替受講はできません。(例:全8回のコースで、第6回分のみ他期に受講は不可)

なお、受講再開の際は、希望期の当該コース募集締切日までにご連絡ください。

恐れ入りますが、同内容の講座であっても通学科と通信科の中途変更はできません。

はい。まず当教室の修了生として入学金免除となります。

また、通信科をご受講された時期を通学科の学期に照合し、継続割の適用対象となる場合もございます。
継続割の適用対象となるかどうかはあらかじめお問い合わせください。

Load More

4. 受講について

臨時に開講される原則1回限りの講義です。

例えば、がん製品で報告される安全性情報の経過欄の翻訳に関する講座などを計画しております。

皆様の声をお聞きし、薬事や統計等の講義をご用意いたしますので、どんどんご要望をお寄せください。

高校卒業程度の英文法をご理解いただいており、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。

ただし、受講申し込みの際に簡単な和文英訳の解答をお願いしております。ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問い合わせください。

また、基礎から英作文の学習をし直したい方には、個別指導コースをおすすめしております。

アンセクレツォの授業では、和文英訳を第一にしておりますが、皆様の声をよく聴き、必要とされる講座を準備してまいります。

準備が整い次第、ウェブサイト等でお知らせいたします。

基本的に選べません。

講師側の都合で講座を休講にしないため、各講師がすべての講座内容を指導できるようになっております。
個別指導コースでは対応できる場合もございますので、お気軽にご相談ください。

英訳作成力の向上や、他の講座で分からなかった箇所の補習など、みなさまひとりひとりの医薬翻訳にまつわるお悩みや希望に応じてカリキュラムを作成いたします。

お問い合わせフォームもしくはEメールにてなんでもご相談ください。

高校卒業程度の英文法と、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。
なによりも英語を使って海外と文書のやり取りを行いたいと思い続けることが肝要です。

ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問合せフォームよりご相談ください。
翻訳や安全性情報に初めて触れられる方には、医薬翻訳入門をおすすめしております。

現行の症例翻訳演習・Expertコース -CIOMS-・個別指導コース・Executiveの3講座には受講資格試験がございます。

お問い合わせページ内の「受講資格試験申込」フォームより受験をお申し込みください。ただし、Basicコース修了の方は試験なしで症例翻訳演習をご受講いただけます。

その他の講座に受講資格試験はありませんが、受講申し込みの際にお願いする簡単な和文英訳の解答をお願いしております。

はい、授業以外にも、進路等についてのご相談を随時受け付けております。

授業内容の質問等、学習相談もお受けしますが、場合によりましては個別指導コースのご受講をすすめさせていただくこともございます。
特に優秀な成績を修められた方には、ご本人のご希望も伺ったうえで、当教室の主宰会社ウィズウィグよりお仕事を紹介させていただきます。

Basic通学コース総合NEW、メディカル翻訳 初級のテキストは初回授業の1週間前までに発送いたします。
医学翻訳入門のオプション特別テキストは初回授業でお渡しいたします。

申し訳ございませんが、受講約款に記載の通り、原則的に補講はいたしません。

ただし、同講座の他クラスで受講可能な場合もございますので、事務局にご相談ください。

はい。通学科の講座については「受講の延期」として承っております。

ある回からそれ以降すべての回の延期は可能です。(例:全8回のコースで、第5回分以降を他期に延期可能)
またその際、有効期間は初めの契約の受講期より1年となります。(例:2017秋期受講分を延期→2018夏期開講分まで延期可能)
ただし、回ごとの、他期の振替受講はできません。(例:全8回のコースで、第6回分のみ他期に受講は不可)

なお、受講再開の際は、希望期の当該コース募集締切日までにご連絡ください。

恐れ入りますが、同内容の講座であっても通学科と通信科の中途変更はできません。

はい。まず当教室の修了生として入学金免除となります。

また、通信科をご受講された時期を通学科の学期に照合し、継続割の適用対象となる場合もございます。
継続割の適用対象となるかどうかはあらかじめお問い合わせください。

Load More

5. お支払について

臨時に開講される原則1回限りの講義です。

例えば、がん製品で報告される安全性情報の経過欄の翻訳に関する講座などを計画しております。

皆様の声をお聞きし、薬事や統計等の講義をご用意いたしますので、どんどんご要望をお寄せください。

高校卒業程度の英文法をご理解いただいており、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。

ただし、受講申し込みの際に簡単な和文英訳の解答をお願いしております。ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問い合わせください。

また、基礎から英作文の学習をし直したい方には、個別指導コースをおすすめしております。

アンセクレツォの授業では、和文英訳を第一にしておりますが、皆様の声をよく聴き、必要とされる講座を準備してまいります。

準備が整い次第、ウェブサイト等でお知らせいたします。

基本的に選べません。

講師側の都合で講座を休講にしないため、各講師がすべての講座内容を指導できるようになっております。
個別指導コースでは対応できる場合もございますので、お気軽にご相談ください。

英訳作成力の向上や、他の講座で分からなかった箇所の補習など、みなさまひとりひとりの医薬翻訳にまつわるお悩みや希望に応じてカリキュラムを作成いたします。

お問い合わせフォームもしくはEメールにてなんでもご相談ください。

高校卒業程度の英文法と、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。
なによりも英語を使って海外と文書のやり取りを行いたいと思い続けることが肝要です。

ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問合せフォームよりご相談ください。
翻訳や安全性情報に初めて触れられる方には、医薬翻訳入門をおすすめしております。

現行の症例翻訳演習・Expertコース -CIOMS-・個別指導コース・Executiveの3講座には受講資格試験がございます。

お問い合わせページ内の「受講資格試験申込」フォームより受験をお申し込みください。ただし、Basicコース修了の方は試験なしで症例翻訳演習をご受講いただけます。

その他の講座に受講資格試験はありませんが、受講申し込みの際にお願いする簡単な和文英訳の解答をお願いしております。

はい、授業以外にも、進路等についてのご相談を随時受け付けております。

授業内容の質問等、学習相談もお受けしますが、場合によりましては個別指導コースのご受講をすすめさせていただくこともございます。
特に優秀な成績を修められた方には、ご本人のご希望も伺ったうえで、当教室の主宰会社ウィズウィグよりお仕事を紹介させていただきます。

Basic通学コース総合NEW、メディカル翻訳 初級のテキストは初回授業の1週間前までに発送いたします。
医学翻訳入門のオプション特別テキストは初回授業でお渡しいたします。

申し訳ございませんが、受講約款に記載の通り、原則的に補講はいたしません。

ただし、同講座の他クラスで受講可能な場合もございますので、事務局にご相談ください。

はい。通学科の講座については「受講の延期」として承っております。

ある回からそれ以降すべての回の延期は可能です。(例:全8回のコースで、第5回分以降を他期に延期可能)
またその際、有効期間は初めの契約の受講期より1年となります。(例:2017秋期受講分を延期→2018夏期開講分まで延期可能)
ただし、回ごとの、他期の振替受講はできません。(例:全8回のコースで、第6回分のみ他期に受講は不可)

なお、受講再開の際は、希望期の当該コース募集締切日までにご連絡ください。

恐れ入りますが、同内容の講座であっても通学科と通信科の中途変更はできません。

はい。まず当教室の修了生として入学金免除となります。

また、通信科をご受講された時期を通学科の学期に照合し、継続割の適用対象となる場合もございます。
継続割の適用対象となるかどうかはあらかじめお問い合わせください。

Load More

6. 進路について

臨時に開講される原則1回限りの講義です。

例えば、がん製品で報告される安全性情報の経過欄の翻訳に関する講座などを計画しております。

皆様の声をお聞きし、薬事や統計等の講義をご用意いたしますので、どんどんご要望をお寄せください。

高校卒業程度の英文法をご理解いただいており、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。

ただし、受講申し込みの際に簡単な和文英訳の解答をお願いしております。ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問い合わせください。

また、基礎から英作文の学習をし直したい方には、個別指導コースをおすすめしております。

アンセクレツォの授業では、和文英訳を第一にしておりますが、皆様の声をよく聴き、必要とされる講座を準備してまいります。

準備が整い次第、ウェブサイト等でお知らせいたします。

基本的に選べません。

講師側の都合で講座を休講にしないため、各講師がすべての講座内容を指導できるようになっております。
個別指導コースでは対応できる場合もございますので、お気軽にご相談ください。

英訳作成力の向上や、他の講座で分からなかった箇所の補習など、みなさまひとりひとりの医薬翻訳にまつわるお悩みや希望に応じてカリキュラムを作成いたします。

お問い合わせフォームもしくはEメールにてなんでもご相談ください。

高校卒業程度の英文法と、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。
なによりも英語を使って海外と文書のやり取りを行いたいと思い続けることが肝要です。

ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問合せフォームよりご相談ください。
翻訳や安全性情報に初めて触れられる方には、医薬翻訳入門をおすすめしております。

現行の症例翻訳演習・Expertコース -CIOMS-・個別指導コース・Executiveの3講座には受講資格試験がございます。

お問い合わせページ内の「受講資格試験申込」フォームより受験をお申し込みください。ただし、Basicコース修了の方は試験なしで症例翻訳演習をご受講いただけます。

その他の講座に受講資格試験はありませんが、受講申し込みの際にお願いする簡単な和文英訳の解答をお願いしております。

はい、授業以外にも、進路等についてのご相談を随時受け付けております。

授業内容の質問等、学習相談もお受けしますが、場合によりましては個別指導コースのご受講をすすめさせていただくこともございます。
特に優秀な成績を修められた方には、ご本人のご希望も伺ったうえで、当教室の主宰会社ウィズウィグよりお仕事を紹介させていただきます。

Basic通学コース総合NEW、メディカル翻訳 初級のテキストは初回授業の1週間前までに発送いたします。
医学翻訳入門のオプション特別テキストは初回授業でお渡しいたします。

申し訳ございませんが、受講約款に記載の通り、原則的に補講はいたしません。

ただし、同講座の他クラスで受講可能な場合もございますので、事務局にご相談ください。

はい。通学科の講座については「受講の延期」として承っております。

ある回からそれ以降すべての回の延期は可能です。(例:全8回のコースで、第5回分以降を他期に延期可能)
またその際、有効期間は初めの契約の受講期より1年となります。(例:2017秋期受講分を延期→2018夏期開講分まで延期可能)
ただし、回ごとの、他期の振替受講はできません。(例:全8回のコースで、第6回分のみ他期に受講は不可)

なお、受講再開の際は、希望期の当該コース募集締切日までにご連絡ください。

恐れ入りますが、同内容の講座であっても通学科と通信科の中途変更はできません。

はい。まず当教室の修了生として入学金免除となります。

また、通信科をご受講された時期を通学科の学期に照合し、継続割の適用対象となる場合もございます。
継続割の適用対象となるかどうかはあらかじめお問い合わせください。

Load More

お問合わせ窓口(株式会社ウィズウィグ内) TEL 03-5566-7757 受付時間 9:30-18:00 [土・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © 株式会社ウィズウィグ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.