安全性業務に強い翻訳会社ウィズウィグが主宰!

連載コラム

知るは楽しみなり

はやぶさ2号は、今年2月に計画通り小惑星リュウグウにタッチダウンして表面の試料を採取したようです。 その後の観察から、リュウグウには「水」があることを発見しました。 先週は上空から弾丸を打ち込み、人工的にクレーターを作る …

知るは楽しみなり
会員限定コラム

安全性の翻訳をチェックしてよく気が付く間違いとは(8)

専門の翻訳者でも単語の複数と単数の綴りを間違うことがあります。

会員限定コラム

安全性の翻訳をチェックしてよく気が付く間違いとは(7)

同じような意味を持ち、同じ前置詞を取る動詞でも注意が必要なことがあります。

会員限定コラム

安全性の翻訳をチェックしてよく気が付く間違いとは(6)

英語の動詞は自動詞、他動詞および自動詞・他動詞の両方に使えるものに区分されます。

会員限定コラム

安全性の翻訳をチェックしてよく気が付く間違いとは(5)

英語では、過去を振り返る時の副詞が、日本語と異なり、話者の時間的な立ち位置により決まります。

会員限定コラム

安全性の翻訳をチェックしてよく気が付く間違いとは(4)

人間の体には対になる器官・臓器がいくつかあります。そんな時にこんな翻訳を見かけることがあります。

会員限定コラム

安全性の翻訳をチェックしてよく気が付く間違いとは(3)

安全性の翻訳では「患者はCCUに入院した」という表現をよく見かけます。

会員限定コラム

安全性の翻訳をチェックしてよく気が付く間違いとは(2)

安全性の翻訳では「XXXが有害事象を引き起こす/引き起こした」という表現をよくします。

会員限定コラム

安全性の翻訳をチェックして良く気が付く間違いとは(1)

安全性の翻訳では「X歳の男性/女性患者」という表現をよくします。

会員限定コラム
1 2 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社ウィズウィグ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.