安全性業務に強い翻訳会社ウィズウィグが主宰!

Q & A

1. 専門分野について

医薬翻訳関連の文書は漢字が多用されています。PMDA(医薬品医療機器総合機構)のウェブサイトに公開されている副作用報告の内容を漢字も含めてご理解できる程度なら問題ありません。

ただ、医学的な内容等、母語であっても理解が難しい箇所もありますので、事前にご相談ください。
また、講座開講の検討はしております。開講の目途が立ちましたらウェブサイト等でお知らせいたします。

通学科で個別指導コースを用意しております。

希望する翻訳力強化の内容をお問い合わせフォームもしくはEメールにてご連絡ください。
個別にカリキュラムをご提案させていただきます。

毎期開講前と開講中に実施している「説明会」のほか、随時ご見学やご質問の機会を設けております。
詳細はトップページにございます「説明会情報」をご覧ください。

ご希望の方は「説明会情報」一番下にございます「お申込み」ボタンを押していただき専用 フォーム、またはお問い合わせフォームかEメールにてご連絡ください。

課題は2時間程度かかる内容のものを用意しております。

恐れながら配布資料はお渡しした形式のもののみとさせていただいております。

恐れ入りますがコース変更はできませんので、次期以降、ご希望の講座にお申し込みください。

ただし、通学科の同じ講座のクラス変更は、場合によりましては未受講の回よりご移動いただくことも可能です。

あらかじめ事務局にご相談ください。

通学科については各講座とも、メールでのファイル(MSワード・エクセル・PDF)授受がございます。
また通信コースのBasic通信コース総合は必須となっておりますので、PC等のご用意をお願いしています。

翻訳者になるためにお勧めする書籍はございますが、受講に必須とはしておりません。

必要の際はインターネット上で公開されている信頼のおける辞書サイトや調査方法をお伝えします。

Load More

2. 通学科の講座について

医薬翻訳関連の文書は漢字が多用されています。PMDA(医薬品医療機器総合機構)のウェブサイトに公開されている副作用報告の内容を漢字も含めてご理解できる程度なら問題ありません。

ただ、医学的な内容等、母語であっても理解が難しい箇所もありますので、事前にご相談ください。
また、講座開講の検討はしております。開講の目途が立ちましたらウェブサイト等でお知らせいたします。

通学科で個別指導コースを用意しております。

希望する翻訳力強化の内容をお問い合わせフォームもしくはEメールにてご連絡ください。
個別にカリキュラムをご提案させていただきます。

毎期開講前と開講中に実施している「説明会」のほか、随時ご見学やご質問の機会を設けております。
詳細はトップページにございます「説明会情報」をご覧ください。

ご希望の方は「説明会情報」一番下にございます「お申込み」ボタンを押していただき専用 フォーム、またはお問い合わせフォームかEメールにてご連絡ください。

課題は2時間程度かかる内容のものを用意しております。

恐れながら配布資料はお渡しした形式のもののみとさせていただいております。

恐れ入りますがコース変更はできませんので、次期以降、ご希望の講座にお申し込みください。

ただし、通学科の同じ講座のクラス変更は、場合によりましては未受講の回よりご移動いただくことも可能です。

あらかじめ事務局にご相談ください。

通学科については各講座とも、メールでのファイル(MSワード・エクセル・PDF)授受がございます。
また通信コースのBasic通信コース総合は必須となっておりますので、PC等のご用意をお願いしています。

翻訳者になるためにお勧めする書籍はございますが、受講に必須とはしておりません。

必要の際はインターネット上で公開されている信頼のおける辞書サイトや調査方法をお伝えします。

Load More

3. 通信科の講座について

医薬翻訳関連の文書は漢字が多用されています。PMDA(医薬品医療機器総合機構)のウェブサイトに公開されている副作用報告の内容を漢字も含めてご理解できる程度なら問題ありません。

ただ、医学的な内容等、母語であっても理解が難しい箇所もありますので、事前にご相談ください。
また、講座開講の検討はしております。開講の目途が立ちましたらウェブサイト等でお知らせいたします。

通学科で個別指導コースを用意しております。

希望する翻訳力強化の内容をお問い合わせフォームもしくはEメールにてご連絡ください。
個別にカリキュラムをご提案させていただきます。

毎期開講前と開講中に実施している「説明会」のほか、随時ご見学やご質問の機会を設けております。
詳細はトップページにございます「説明会情報」をご覧ください。

ご希望の方は「説明会情報」一番下にございます「お申込み」ボタンを押していただき専用 フォーム、またはお問い合わせフォームかEメールにてご連絡ください。

課題は2時間程度かかる内容のものを用意しております。

恐れながら配布資料はお渡しした形式のもののみとさせていただいております。

恐れ入りますがコース変更はできませんので、次期以降、ご希望の講座にお申し込みください。

ただし、通学科の同じ講座のクラス変更は、場合によりましては未受講の回よりご移動いただくことも可能です。

あらかじめ事務局にご相談ください。

通学科については各講座とも、メールでのファイル(MSワード・エクセル・PDF)授受がございます。
また通信コースのBasic通信コース総合は必須となっておりますので、PC等のご用意をお願いしています。

翻訳者になるためにお勧めする書籍はございますが、受講に必須とはしておりません。

必要の際はインターネット上で公開されている信頼のおける辞書サイトや調査方法をお伝えします。

Load More

4. 受講について

医薬翻訳関連の文書は漢字が多用されています。PMDA(医薬品医療機器総合機構)のウェブサイトに公開されている副作用報告の内容を漢字も含めてご理解できる程度なら問題ありません。

ただ、医学的な内容等、母語であっても理解が難しい箇所もありますので、事前にご相談ください。
また、講座開講の検討はしております。開講の目途が立ちましたらウェブサイト等でお知らせいたします。

通学科で個別指導コースを用意しております。

希望する翻訳力強化の内容をお問い合わせフォームもしくはEメールにてご連絡ください。
個別にカリキュラムをご提案させていただきます。

毎期開講前と開講中に実施している「説明会」のほか、随時ご見学やご質問の機会を設けております。
詳細はトップページにございます「説明会情報」をご覧ください。

ご希望の方は「説明会情報」一番下にございます「お申込み」ボタンを押していただき専用 フォーム、またはお問い合わせフォームかEメールにてご連絡ください。

課題は2時間程度かかる内容のものを用意しております。

恐れながら配布資料はお渡しした形式のもののみとさせていただいております。

恐れ入りますがコース変更はできませんので、次期以降、ご希望の講座にお申し込みください。

ただし、通学科の同じ講座のクラス変更は、場合によりましては未受講の回よりご移動いただくことも可能です。

あらかじめ事務局にご相談ください。

通学科については各講座とも、メールでのファイル(MSワード・エクセル・PDF)授受がございます。
また通信コースのBasic通信コース総合は必須となっておりますので、PC等のご用意をお願いしています。

翻訳者になるためにお勧めする書籍はございますが、受講に必須とはしておりません。

必要の際はインターネット上で公開されている信頼のおける辞書サイトや調査方法をお伝えします。

Load More

5. お支払について

医薬翻訳関連の文書は漢字が多用されています。PMDA(医薬品医療機器総合機構)のウェブサイトに公開されている副作用報告の内容を漢字も含めてご理解できる程度なら問題ありません。

ただ、医学的な内容等、母語であっても理解が難しい箇所もありますので、事前にご相談ください。
また、講座開講の検討はしております。開講の目途が立ちましたらウェブサイト等でお知らせいたします。

通学科で個別指導コースを用意しております。

希望する翻訳力強化の内容をお問い合わせフォームもしくはEメールにてご連絡ください。
個別にカリキュラムをご提案させていただきます。

毎期開講前と開講中に実施している「説明会」のほか、随時ご見学やご質問の機会を設けております。
詳細はトップページにございます「説明会情報」をご覧ください。

ご希望の方は「説明会情報」一番下にございます「お申込み」ボタンを押していただき専用 フォーム、またはお問い合わせフォームかEメールにてご連絡ください。

課題は2時間程度かかる内容のものを用意しております。

恐れながら配布資料はお渡しした形式のもののみとさせていただいております。

恐れ入りますがコース変更はできませんので、次期以降、ご希望の講座にお申し込みください。

ただし、通学科の同じ講座のクラス変更は、場合によりましては未受講の回よりご移動いただくことも可能です。

あらかじめ事務局にご相談ください。

通学科については各講座とも、メールでのファイル(MSワード・エクセル・PDF)授受がございます。
また通信コースのBasic通信コース総合は必須となっておりますので、PC等のご用意をお願いしています。

翻訳者になるためにお勧めする書籍はございますが、受講に必須とはしておりません。

必要の際はインターネット上で公開されている信頼のおける辞書サイトや調査方法をお伝えします。

Load More

6. 進路について

医薬翻訳関連の文書は漢字が多用されています。PMDA(医薬品医療機器総合機構)のウェブサイトに公開されている副作用報告の内容を漢字も含めてご理解できる程度なら問題ありません。

ただ、医学的な内容等、母語であっても理解が難しい箇所もありますので、事前にご相談ください。
また、講座開講の検討はしております。開講の目途が立ちましたらウェブサイト等でお知らせいたします。

通学科で個別指導コースを用意しております。

希望する翻訳力強化の内容をお問い合わせフォームもしくはEメールにてご連絡ください。
個別にカリキュラムをご提案させていただきます。

毎期開講前と開講中に実施している「説明会」のほか、随時ご見学やご質問の機会を設けております。
詳細はトップページにございます「説明会情報」をご覧ください。

ご希望の方は「説明会情報」一番下にございます「お申込み」ボタンを押していただき専用 フォーム、またはお問い合わせフォームかEメールにてご連絡ください。

課題は2時間程度かかる内容のものを用意しております。

恐れながら配布資料はお渡しした形式のもののみとさせていただいております。

恐れ入りますがコース変更はできませんので、次期以降、ご希望の講座にお申し込みください。

ただし、通学科の同じ講座のクラス変更は、場合によりましては未受講の回よりご移動いただくことも可能です。

あらかじめ事務局にご相談ください。

通学科については各講座とも、メールでのファイル(MSワード・エクセル・PDF)授受がございます。
また通信コースのBasic通信コース総合は必須となっておりますので、PC等のご用意をお願いしています。

翻訳者になるためにお勧めする書籍はございますが、受講に必須とはしておりません。

必要の際はインターネット上で公開されている信頼のおける辞書サイトや調査方法をお伝えします。

Load More

お問合わせ窓口(株式会社ウィズウィグ内) TEL 03-5566-7757 受付時間 9:30-18:00 [土・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © 株式会社ウィズウィグ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.