Basic通信コース総合

自宅で医学、薬事、経過翻訳、CIOMS作成のコンビ学習

Basic通信コース総合 詳細

申込締切 通年募集
開講日程 有効期間:6ヶ月
時間×回数 全9回
受講料 税込 99,000 円(税抜 90,000円)(教材費含む・入学金別途
受講資格 受講資格試験はありません。
オプション CIOMS作成のみ、受講後に実力を確認できるテストを有料で受けることができます。テストの受講料 別途 税抜10,000円(税込11,000円)

Basic通信コース総合 の特色

  • 安全性情報翻訳に必要とされる「英語力」、「症例読解力」、「医学力」の3つの力を鍛えます
  • 薬事、経過翻訳、CIOMS作成、医学に関する課題を行うことで、安全性翻訳を総合的に理解できるようになります。
  • 大事とはわかっていても、なかなかはじめられない医学学習も、Stage1~3と難易度が上がっていく形式で無理なく始めることができます。自分の学習効果がはっきりと示され、やる気が出てきます。
  • 課題を解くのにただテキストを復習したり、参考にしたりするだけでなく、自分で調査が必要な問題を取り入れることにより、自然と応用力がつくように課題が作られています。

Basic通信コース総合の注意点

  • 当教室を初めて受講される方で、Basic 通信コース総合受講を希望される方は入学金が必要となります。医薬翻訳入門・通信コースをすでに受講されている方、あるいは本教室の通学科のいずれかのコースの受講修了または受講申込を行いすでに入学金の払い込みが終了されている方あるいは免除されている方は、入学金が必要ありません。
  • 有効期間内(当日消印有効)に課題をご返送ください。期限を過ぎて提出された課題は添削・返却されません。
  • メールでのMS ワード・エクセル・PDF の電子ファイルの授受が必要となります。
  • Basic 通信コース総合の課題の中には、メールでの電子ファイルの送付が必要なものがあります。

Basic通信コース総合 内容

Basic通信コース総合 テキスト

  • テキスト1冊(A4サイズ 192枚96ページ)
  • 課題テキスト(A4サイズ 147枚74ページ)
  • 課題解答用紙(Microsoft Wordデータをメールにて送付)
  • テキスト用例サンプル

実際にテキストに使用されている問題をサンプルとして掲載しました。レベルの確認にどうぞ!

「医学」臨床検査値Stage1より
(多肢選択式問題となっており、実際には選択肢が記載されています)
臨床検査は患者から採取した [12] や尿、便、細胞等を調べる [13] と、心電図や脳波など患者を直接調べる [14] の二つに大別できます。
患者から検体を採取するところまでは [15] とみなされ、[16] でしか行えません。
「医学」臨床検査値Stage2より
以下の文章は、臨床検査の表記に関する説明です。
説明の内容が正しい文章の解答欄には「〇」、間違っている文章には「×」を記入してください。臨床検査は、糖尿病の長期コントロール等のように検査値が最も大きな意味を持っている場合もあり、生活習慣病を自覚症状のない間に発見し、早期治療を行うために重要である。
「医学」臨床検査値Stage3より
(Stage1と同じく、多肢選択式問題となっております)
全血を遠心して血漿を得た時、一番下の赤い層には、1、中間の層には白血球と2が含まれます。
「経過翻訳」

※このサンプルはBasicコース通信総合で実際に使用しているものとはまったく同じものではありませんが、傾向を似せて新たに作成したものです。

不明日、大学病院でインフルエンザ迅速診断キット陽性であることが分かり、インフルエンザの診断を得る。
不明日、インフルエンザに対してSEKON-1 75mgを1日2回、5日間経口投与を開始。
2016年5月6日、悪夢を見るようになる。
悪夢を見ることにより、十分な睡眠がとれなくなり、学校の授業中に居眠りするようになったとの報告を受ける。

Basic通信コース総合の課題について

  • Basic通信コース総合の課題は「医学」「薬事」「経過翻訳」「CIOMS作成」の4種類を全9回ご用意しております。課題提出は、各1回ずつ4種類の課題をまとめて1回としてご提出いただきます
  • 解答用紙にある質問欄にその回の疑問や分からない事を記入し、講師への質問も可能です。

1回分の提出課題

課題提出方法について

  • 本コースでの課題提出方法はメールのみとなります。郵送での課題のご提出は受け付けておりませんので、ご了承ください
  • 事前に各課題の解答用紙テンプレート(Microsoft Wordデータ)をお送りいたします。
    手書きで作成されたものは、スキャナを使用して解像度300dpi×300dpi以上で課題解答用紙の両面をスキャンし、PDFファイルを作成し、メールでお送りください。

課題提出方法

通学科「Basicコース総合NEW」との違い

コースの流れ

  • 提出された課題は添削し、課題受領後2週間を目安に返送します。
  • 数回分をまとめて提出していただくことも可能ですが、2週間以上添削作業にお時間をいただきます。あらかじめご了承ください。

オプション CIOMS作成試験について

  • 全課題をご提出後に受けていただけるCIOMS作成の試験となります。
  • 受講申込みの際に一緒にお申込みください。
  • 問題、解答用紙はお振込み確認後、データをメールで送付いたします。
  • ご希望の場合は、別途 税抜10,000円(税込11,000円)となります。

通信科共通事項

【 割引制度(通信科)】

入学金免除:「医薬翻訳入門・通信コース」受講者全員

【 注意事項(通信科)】

  • 入学金:10,800円(税込)。Basic 通信コース総合から受講を希望される方は入学金が必要となります。
  • お申し込み:ウェブサイトのお申し込みフォームからお申し込みください。
  • PC環境について:当教室では、メールでのMSワード・エクセル・PDFの電子ファイルの授受が必要な講座がございます。これら電子ファイルの閲覧・編集ができる環境をお持ちでない方は、講座によってはご受講いただけない場合もございますため、あらかじめご相談ください。
  • 受講資格試験について:現在、通信科で受講資格試験のある講座はありません。
  • 有効期間内(当日消印有効)に提出された課題については添削を行います。なお、期限を過ぎて提出された課題は返却されません。
  • 郵送提出物が郵便事故等により届かなかった場合の責任は負いかねます。ご不安な方は提出物のコピーを取る等の対策をお願いいたします。
  • 海外取引・海外発送は行っていません。

【 受講までの流れ(通信科)】

概要書面、受講約款、個人情報の取り扱いについてを確認する
お申し込みの前にこちらをご確認ください。
お申込み前にご確認ください
(ご不明な点があれば)お問い合わせ
お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。
資料請求・各種お問い合わせ
ウェブサイトからお申し込みください。
事務局より受講受付メールをお送りいたします。
受講受付メールを確認後、メール記載の期限までに指定口座に受講料を入金してください。
入金確認後、7営業日程度で事務局より教材を発送いたします。有効期間(課題の返送期限)については事務局からお送りするメールをご確認ください。

※原則的に領収書は発行せず、振込控をもって領収書代わりとしますので、振込控の保管をお願いいたします。領収書が必要な場合は、お申し込みの際にお知らせください。

教材を受領後、各コースの受講期間の目安を参考に学習し、附属の提出用封筒にて課題を提出してください。
提出された課題は添削し、課題受領後1週間を目安に返送します。

※恐れ入りますが、課題提出時の切手代をご負担ください。数回分まとめて送っていただいても結構です。

※課題提出から2週間経ってもお手元に届かない場合はお手数ですがご一報下さい。また、年末年始など長期休業時には返送が遅れる可能性がございます。

お申込み・お問い合わせ

お申込みの前にこちらをご確認ください

受講申込(通信講座) 資料請求・各種お問い合わせ