医薬翻訳入門・通信コース

自宅でいつでも踏み出せる医薬翻訳への第1歩
いの一番に受けていただきたい、基礎固めの和文英訳演習コース

医薬翻訳入門 通信コース 詳細

申込締切 通年募集
開講日程 受講期間の目安:1.5ヶ月(週1回×6回) 有効期間:3ヶ月
時間×回数 全6回
受講料 税込 29,160円(税抜 27,000円)(教材費含む・入学金別途
受講資格 受講資格試験はありません。
オプション

医薬翻訳入門 通信コース の特色

  • 英作文の基礎を身に付けながら、安全性情報報告の定型文を学びます。
  • 6つのテーマ(事象の発現、検査・試験、診断、経過、入退院・転帰、医師意見)に沿って、基本的な言い回しを覚えます。
  • 基礎となる用例・単語を暗記し、習得度をテストでセルフチェックし、添削課題にチャレンジ。
  • 学習内容は通学講座の「医薬翻訳入門」と同じですが、通信講座のみテキストと追加課題があります。

医薬翻訳入門 通信コース 内容

  • テキスト1冊(A4サイズ 40枚80ページ)
  • セルフチェック用確認テスト各回分(計6枚)
  • 質問欄付き課題解答用紙×6
  • 課題提出用封筒×6

 

テキスト用例サンプル

テキスト全6回の各回で実際に使用されている用例をサンプルとして掲載しました。
レベルの確認にどうぞ!

第1回
感染が発現し市中に広まった。
Infection occurred prevailing in the city.
第2回
患者は急激な体温の上昇を示した。
The patient showed a rapid increase in body temperature.
第3回
血液検査の結果、患者はピロリ菌に感染していることが分かった。
As a result of the blood test, the patient was found to be infected with Helicobacter pylori.
第4回
2015年12月30日現在、患者はいまだ腰痛を訴えている。
As of 30Dec2015, the patient was still complaining of low back pain.
第5回
患者は胃潰瘍の手術のために当院に入院した。
The patient was admitted to the reporter’s hospital to undergo surgery for gastric ulcer.
第6回
本事象はSEKON-1の添付文書の重大な副作用に載っている。
The event is listed in the clinically significant adverse drug reactions section of the package insert of SEKON-1.

医薬翻訳入門 通信コースの学習方法

6回分の「暗記用例」「暗記用例解説」「課題」がセットとなったテキストをお送りします。

  1. まずはテキストの「暗記用例」を暗記します。
  2. 「確認テスト」を用いて、習得度をセルフチェックします。
  3. テキストの「暗記用例解説」を読み、分からなかった箇所を確認します。
  4. もう一度用例を確認したら、テキストの「課題」に取り組み、解答を「質問欄付き課題解答用紙」に記入します。このとき、できればテキスト等を見ずに解くことで、より正確な実力が分かります。
  5. その回に関する質問が あれば「質問欄付き課題解答用紙」の質問欄に記入します。
  6. 記入済みの「質問欄付き課題解答用紙」(確認テストは提出不要)を「課題提出用封筒」で提出します。

提出された課題は添削し、課題受領後1週間を目安に返送します。

通学科「医薬翻訳入門」との違い

通学コースの流れ
通学コースの流れ
通信コースの流れ

※ 提出された課題は添削し、課題受領後1週間を目安に返送します。

通信コースでは、通学での講義の代わりに通信コースオリジナルのテキスト(解説書)を読んで学習いただきます。また、テストを行わない代わりに、各回の課題の問題数が10問(通学では2問)と多くなっています。

通信科共通事項

【 割引制度(通信科)】

入学金免除:「医薬翻訳入門・通信コース」受講者全員

【 注意事項(通信科)】

  • 入学金:10,800円(税込)。Basic 通信コース総合から受講を希望される方は入学金が必要となります。
  • お申し込み:ウェブサイトのお申し込みフォームからお申し込みください。
  • PC環境について:当教室では、メールでのMSワード・エクセル・PDFの電子ファイルの授受が必要な講座がございます。これら電子ファイルの閲覧・編集ができる環境をお持ちでない方は、講座によってはご受講いただけない場合もございますため、あらかじめご相談ください。
  • 受講資格試験について:現在、通信科で受講資格試験のある講座はありません。
  • 有効期間内(当日消印有効)に提出された課題については添削を行います。なお、期限を過ぎて提出された課題は返却されません。
  • 郵送提出物が郵便事故等により届かなかった場合の責任は負いかねます。ご不安な方は提出物のコピーを取る等の対策をお願いいたします。
  • 海外取引・海外発送は行っていません。

【 受講までの流れ(通信科)】

概要書面、受講約款、個人情報の取り扱いについてを確認する
お申し込みの前にこちらをご確認ください。
お申込み前にご確認ください
(ご不明な点があれば)お問い合わせ
お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。
資料請求・各種お問い合わせ
ウェブサイトからお申し込みください。
事務局より受講受付メールをお送りいたします。
受講受付メールを確認後、メール記載の期限までに指定口座に受講料を入金してください。
入金確認後、7営業日程度で事務局より教材を発送いたします。有効期間(課題の返送期限)については事務局からお送りするメールをご確認ください。

※原則的に領収書は発行せず、振込控をもって領収書代わりとしますので、振込控の保管をお願いいたします。領収書が必要な場合は、お申し込みの際にお知らせください。

教材を受領後、各コースの受講期間の目安を参考に学習し、附属の提出用封筒にて課題を提出してください。
提出された課題は添削し、課題受領後1週間を目安に返送します。

※恐れ入りますが、課題提出時の切手代をご負担ください。数回分まとめて送っていただいても結構です。

※課題提出から2週間経ってもお手元に届かない場合はお手数ですがご一報下さい。また、年末年始など長期休業時には返送が遅れる可能性がございます。

お申込み・お問い合わせ

お申込みの前にこちらをご確認ください

受講申込(通信講座) 資料請求・各種お問い合わせ