安全性業務に強い翻訳会社ウィズウィグが主宰!

Q & A

<専門分野について>

1-1 薬の知識を全くもっていません。受講は可能ですか。
1-1 可能です。Basicコースは、初めて医薬翻訳に触れる方のために、医薬知識への入り口から準備されています。
1-2 文系出身でも、授業についていけますか。
1-2 文系出身者の方でも理解できるようにテキストが用意されております。また理系でなくとも、医薬系の翻訳者になられている方は多くいらっしゃいます。アンセクレツォではきめ細やかな指導を目指しておりますので、ご不安に思われる方はいつでもご相談ください。

<講座について>

2-1 受講資格試験はありますか。
2-2 Basicコースに受講資格試験はありません。ただし、受講申し込みの際にお願いするアンケートで簡単な和文英訳の解答をお願いしております。
2-2 Basicコース受講にあたり、英語の力はどの程度必要ですか。
2-2 高校卒業程度の英文法と、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。なによりも英語を使って海外と文書のやり取りを行いたいと思い続けることが肝要です。ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問合せフォームよりご相談ください。
2-3 Basicコースの3ヶ月クラスと1ヶ月集中クラスで迷っています。期間以外に違いはありますか。
2-3 コース内容は全く同じです。1ヶ月集中クラスは、集中的に学習した方がご自分の学習ペースに合っている方や、英語に自信のある方にお勧めします。毎回小テストと課題があるので、授業外に学習の時間をどれだけとれるかをご考慮の上、お申し込みください。
2-4 個別指導コースはどんなことを学べるのですか。
2-4 英訳作成力の向上や、Basicコースなどの授業で分からなかった箇所の補習など、みなさまひとりひとりの医薬翻訳にまつわるお悩みや希望に応じてカリキュラムを作成いたします。お問い合わせフォームもしくはEメールにてなんでもご相談ください。
2-5 通信講座はないのですか。
2-5 開講を検討中ですが、しばらく時間がかかる予定です。東京近郊にお住まいの方、お勤めの方はBasicコース3ヵ月クラス(土曜日開講)への受講参加をご検討ください。関西地区(大阪近郊)にお住まいの方、お勤めの方のために2016年の4月以降に同様の講座を開講の予定です。準備が整い次第、ウェブサイト等でお知らせいたします。
2-6 講師は選べないのですか。
2-6 基本的にBasicコース、Advancedコースでは選べません。それぞれの講師は医学の専門の方です。講師側の都合で講座を休講にしないため、それぞれの講師がすべての講座内容を指導できるようになっております。個別指導コースでは、ご対応できる場合もございますので、お気軽にご相談ください。
2-7 英文和訳は教えてもらえないのですか。
2-7 アンセクレツォの授業では、和文英訳を第一にしておりますが、皆様の声をよく聴き、必要とされるコースを準備してまいります。準備が整い次第、ウェブサイト等でお知らせいたします。
2-8 英語力に自信がありません。しかし、安全性情報を英語で作成することには興味があります。受講できますか。
2-8 高校卒業程度の英文法をご理解いただいており、基本的な構文の英作文ができれば大丈夫です。ただし、受講申し込みの際にお願いするアンケートで簡単な和文英訳の解答をお願いしております。ご不安に思われる方はお申し込みの前にお問い合わせください。また、基礎から英作文の学習をし直したい方には、個別指導コースをお勧めしております。
2-9 Advancedコースに興味があります。いつ開講されるのでしょうか。
2-9 申し訳ございませんが、2016年4月を目途に準備中でございます。ご用意でき次第、教室ウェブサイトに掲示し、ご登録いただいたメールアドレスにお知らせいたしますので、もうしばらくお待ちいただけますと幸いです。
2-10 募集要項にある、特別講座とはどういうものでしょうか。
2-10 臨時に開講される原則1回限りの講義です。例えば、がん製品で報告される安全性情報の経過欄の翻訳に関する特別講座などを計画しております。皆様の声をお聞きし、薬事や統計等の講義をご用意いたしますので、どんどんご要望をお寄せください。臨時講座の開講につきましては、教室ウェブサイトに掲示し、ご登録いただいたメールアドレスにお知らせいたします。

<受講について>

3-1 受講するのに必要な辞書、参考書はありますか。
3-1 翻訳者になるためにお勧めする書籍はございますが、受講に必須とはしておりません。授業でも、インターネット上で公開されている信頼のおける辞書サイトや調査方法をお伝えしてまいります。
3-2 コンピュータは必要ですか。
3-2 Eメールにて課題のやり取りをすることもございますので、基本的にはご準備をお願いしております。
3-3 コースやクラスの途中変更は可能ですか。
3-3 Basicコースの1ヶ月集中クラスから3ヶ月クラスへは、未受講の回よりご移動いただけます。3ヶ月クラスから1ヶ月集中クラスへは、授業日のスケジュール次第でお断りする場合もございます。なお、BasicコースからAdvancedコースへの変更はできません。
3-4 交通機関の都合で授業に間に合いませんでした。補講はありますか。
3-4 交通機関の遅れ等やむを得ない事情で参加できなかった回のみ、他のクラスで受講可能ですのでスタッフにご相談ください。同内容のクラスが他にない場合、原則的に補講はいたしません。
3-5 テキストはいつもらえますか。
3-5 初回から小テストがございますので、そのために必要なテキストを、初回授業の1週間前までに郵送でお届けいたします。それ以外のテキストは初回授業時にお渡しします。
3-6 小テストや課題の分量・かかる時間はどれくらいでしょうか。
3-6 小テストは10分程度、課題は2時間程度かかる分量を用意しております。
3-7 授業や教室の見学は可能でしょうか。
3-7 オープン記念キャンペーンで行う「説明会&無料お試し授業」のほか、随時ご見学やご質問の機会をご用意いたしますのでぜひご参加ください。
3-8 医薬翻訳の仕事をすでに行っていますが、安全性情報の翻訳は初めてです。受講しても問題はありませんか。
3-8 個別指導コースを用意しております。ご自身の翻訳力強化を行いたいとお考えの内容を問合せフォームもしくはEメールにてご連絡ください。個別にカリキュラムをご提案させていただきます。
3-9 日本語を母語としてない外国人ですが、日本語は読めます。しかし、話すのはうまくできません。受講に必要な日本語の能力レベルに制限はありますか。英語で教える講座はありませんか。
3-9 医薬翻訳関連の文書は漢字が多用されています。PMDA(医薬品医療機器総合機構)のウェブサイトに公開されている副作用報告の内容を漢字も含めてご理解できる程度なら問題ありません。ただ、医学的な内容等、母語であっても理解が難しい箇所もありますので、事前にご相談ください。また、講座開講の検討はしております。開講の目途が立ちましたらウェブサイト等でお知らせいたします。

<支払いについて>

4-1 口座振り込み以外の方法はないのですか。
4-1 申し訳ございませんが、指定口座に一括振込のみとさせていただいております。
4-2 分割払いはできますか。
4-2 申し訳ございませんが、指定口座に一括振込のみとさせていただいております。

<進路について>

5-1 Basicコースを修了後、仕事につくことはできますか。
5-1 安全性情報報告データベースの経過欄等の翻訳者としてCRO等に応募が可能です。また、安全性情報報告データベースの症例入力者としても応募が可能になります。
5-2 授業以外でのフォローはありますか。
5-2 はい、授業以外にも、進路等についてのご相談を随時受け付けております。授業内容の質問等、学習相談もお受けしますが、場合によりましては個別指導コースのご受講を勧めさせていただくこともございます。修了試験で特に優秀な成績を取られたかたは、弊社の在宅契約社員として働くことが可能となります。
5-3 受講を修了後、英訳には自信がもてなかった場合、どのような別の仕事につくことができますか。
5-3 症例内容の把握が得意な方には安全性情報のデータベース入力、当局への報告書作成に興味をお持ちの方には症例評価といったお仕事もございます。翻訳者以外の可能性について授業でもお伝えしてまいります。

お問合わせ窓口(株式会社ウィズウィグ内) TEL 03-5566-7757 受付時間 9:30-18:00 [土・日・祝日除く]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社ウィズウィグ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.